本紙客員編集長のビートたけし(70)が名付け親となったキタノコマンドール(牡2・池江)が、23日の阪神5Rで行われた新馬戦に出走。デビュー戦を見事に勝利で飾った。

 オーナーのDMMドリームクラブ(株)にとってはこれがうれしい初勝利。事業責任者の野本巧氏は「正直ホッとしました。これまで使っている馬も内容はよかったのですが、勝てなかったので。何とか年内に勝ちたかった。スタッフや周囲の方々の仕事がきっちりとうまくいったということでしょう。ここからがクラブもスタートしていけるのでは」と話した。

 最後はクビ差という接戦を制しての勝利ということもあって「名前をつけてくれた方が“持ってる”方、ということなんでしょうね」と、たけしの“神通力”に感謝しきり。人馬ともにフランス行きの大きな夢が膨らむ勝利となった。