【新馬勝ち3歳総点検・東京】

★月曜(12日)芝1600メートル=断然の1番人気に応えてグロンディオーズが勝利。道中は好位の内でスムーズに運び、直線追い出されると力強いフットワークで前を捕らえ、ノーステッキのままゴールした。

 田村調教師は「マイルは1ハロン短いので、スタートだけは気をつけて、いいところにつけてほしいと思っていた」と語ったが、レースはそのイメージ通りスタートを決めて流れに乗った完勝。「体が大きい上、毎週見ていても成長の最中で体のラインが定まらない。だから目一杯の仕上げではなくサラッと勝たせたかった。オーナーも厩舎もクラシックを意識する馬だと心得ている」と続けた。

 兄ムスカテールは13年目黒記念勝ちなど長距離でならした。除外続きでマイルを使った経緯からも今後は、やはり中距離以上で真価を問うことになりそう。530キロを超える大型馬で大幅な伸びシロも望める。次走は未定だが、今後大いに注目したい一頭だ。

★日曜(11日)ダート1600メートル=ヴェスティードが7馬身差の圧勝。

 時計はそれほど目立たないが、516キロの大型馬で「まだビッシリとは仕上げていない」(三浦)なら、相応の評価は必要。パワータイプでダートが主戦場になりそうだが、まだまだ成長は見込めそうで、上のクラスでも要注意だ。