第99回全国高校野球選手権兵庫大会では21日、明石トーカロ球場での4回戦で17年ぶりとなる夏の甲子園出場を目指す育英が8―0で市伊丹に7回コールド勝ち。エース野上(3年)を温存しての快勝劇に、安田監督は「これ以上の結果はない。打線も下位がコツコツと役割をやってくれた」と笑顔で汗を拭った。5回戦は23日に西脇工と対戦する。

 勢いづくナインを陰で支えているのが、マネジャー兼副主将の御縞杏架音(みしま・あかね)さん(3年)。この日もベンチから声をからし「みんなの気持ちが楽になるような声掛けができるようにしています。緊張して集中しすぎると空回りする。顔を見ると雰囲気的にわかりますから。いつも笑顔を忘れないように頑張っています」と話した。

「大丈夫」「守ってくれるよ」と元気づけ、時には「打てよ!」「もっと強く振れよ!」と厳しい口調になることもある。「忘れ物はないの!」と世話を焼く姿に「みんなから母のような存在と言われます。同級生なんだけど子供を見るような…。口うるさいと思われていると思います」。ナインも「よく動いてくれます。メンタル面でのアドバイスもくれるし、なくてはならない存在です」と感謝だ。

 大会前には7人のマネジャー全員で勝利のお守りとして手作りマスコット「モン吉」を50個作った。部員全員がリュックにぶら下げ、気持ちを一つにして聖地を目指す。