2020年東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」監督就任が濃厚となっている稲葉篤紀氏(44)が23日、西武―日本ハム戦の地上波テレビの解説でメットライフドームを訪れた。

 中継の中で、今年のWBC代表だった西武・炭谷の打撃について「もっと打てるし、パンチ力がある」と解説した稲葉氏。放送終了後は試合途中ながら球場を後にしたが「(監督就任発表は)あさってくらいですか?」との問いに「いやいや、まだまだ」と笑顔。「両チームともいい試合をしていました」と話した。