第99回全国高校野球選手権西東京大会は25日、神宮球場で準々決勝の早実―日本学園戦が行われ、高校通算106本塁打の怪物スラッガー、早実・清宮幸太郎内野手(3年)はこの日「3番・一塁」で先発出場した。

 注目の清宮の第1打席は四球。初回、一死一塁から外角低めのボール球を選び、チャンスを広げる。6番雪山の内野安打を野手がはじいたすきに二塁から一気に本塁を狙うなど、好走塁も見せ2点目のホームを踏んだ。

 2回の第2打席はストレートの四球。130キロ台中盤のボール球を外角、内角、低めと見きわめ、2打席連続で出塁した。

 先頭打者で迎えた4回第3打席はレフトへの二塁打。フルカウントから133キロの直球を打ち返した。

 試合は5回途中、4―1で早実が3点をリードしている。