第99回全国高校野球選手権西東京大会は25日、神宮球場で準々決勝が行われ、早実が5―1で日本学園を下し準決勝へ駒を進めた。早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)はこの日「3番・一塁」で先発出場、2打数1安打2四球の活躍でチームの勝利に貢献した。

 注目の清宮の第1打席は四球。初回、一死一塁から外角低めのボール球を選び、チャンスを広げる。6番雪山の内野安打を野手がはじいた隙に二塁から一気に本塁を狙うなど、好走塁も見せ2点目のホームを踏んだ。

 二死一塁で迎えた2回の第2打席はストレートの四球。130キロ台中盤のボール球を外角、内角、低めと見極め、2打席連続で出塁した。

 先頭打者で迎えた4回第3打席はレフトへの二塁打。追い込まれた後、フルカウントから133キロの直球を打ち返した。

 二死走者なしで迎えた6回第4打席は低め136キロの直球を打ち損じ、一ゴロに倒れた。7回の守備では無死一塁から送りバントを二塁に送球し併殺に打ち取るなど、守備でも貢献した清宮。歴代1位に並ぶ高校通算107号は出ず、春季東京大会から続く公式戦連続本塁打は8本でストップした。