怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)を擁する早実と昨夏の西東京王者・八王子による西東京大会準決勝は、序盤から両監督の“奇策”が応酬した。

 早実・和泉監督は5番打者に投手の今井佑をスタメン起用。1回表に打順が回ると、一度も打席に立たせることなく、すぐさま代打・西田を送った。八王子の投手には右腕の米原大地(3年)と左腕の早乙女大輝(3年)がおり、先発を見たうえで打者を決める、いわゆる“当て馬オーダー”にネット裏の早実関係者からは「和泉さんが当て馬なんてするのは見たことがない。相当この試合にかけているのでは」と驚きの声があがった。

 対する八王子は昨年同様、清宮の打席でレフトを左中間に、センターを右中間に、ライトを右翼右寄りに配置する“清宮シフト”を展開。注目の一戦、両指揮官の采配からも目が離せない。