第99回全国高校野球選手権大阪大会決勝は30日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われ、大阪桐蔭が大冠を10―8で下し3年ぶり9度目の夏の甲子園出場を決めた。

 1―0の3回に4点を奪われてリードを許す苦しい展開。しかし5回に追いつくと、6回には藤原の本塁打で逆転。さらに8回、大量5点を奪い、9回の大冠の猛攻もなんとかしのいだ。

 西谷監督は「この2年間は夏に出れていなかったので、夏を味わえていない3年生が夏に飢えていた。3年生の気持ちで勝てた。(全国大会では)いろんな学校の思いを背負って正々堂々戦いたい」と気合を入れた。

 公式戦24連勝で激戦区を制した大阪桐蔭は、史上初の2度目の春夏連覇を目指す。