崖っ縁男がワンチャンスを生かしてチームの危機を救った。中日・八木智哉投手(33)が30日の阪神戦(ナゴヤドーム)に、4月5日の広島以来となる先発。6回2安打無失点の好投で、2015年9月19日以来となる勝利を挙げ、チームの連敗も7で止めた。

 左腕は「勝てたこととチームに勝ちがついたことがよかった。ナイスピッチングだったと思う」と笑みを浮かべながら自画自賛。長い野球人生で戦力外通告も経験した。だからこそ、この日の登板の意味もよく分かっている。「ラストチャンスだという思いでマウンドに上がりました」

 そんな大事な試合は、よりによってチーム7連敗中で訪れた。しかし「ここで止められれば、株が上がる」とプラスに受け止め、きっちりと結果を出した。「この勝ちはデカいです。ワンチャンスのゲームで結果を出して次につながる」とニンマリだ。

 昨季の登板は8月26日の広島戦(ナゴヤドーム)の1試合のみ。その“最終テスト”を6回1失点の好投で契約延長を勝ち取った。土壇場に強いベテラン左腕は、まだまだユニホームを脱ぐつもりはない。