日本ハムがトレード期限当日の31日朝、右の中継ぎエース・谷元圭介投手(32)の中日への電撃トレードを発表した。

 谷元は昨年まで3年連続50試合以上に登板。今季もここまで36試合に登板し0勝2敗1セーブ、21ホールド、防御率3・31をマーク。昨年の広島との日本シリーズでは、胴上げ投手の栄誉にあずかるなどここ数年、日本ハムブルペンを支えてきた陰の功労者だ。

 その谷元を球団は金銭トレードで放出した。中日側の反応によれば「話は日本ハムから持ちかけられたもの」(関係者)で、最初は交換要員の話し合いがもたれていたようだが、折り合わず金銭で決着。そもそも日本ハム側の放出ありきのトレードだったようだ。

 6月21日にFA権を取得したとはいえ、球団はなぜ急いで中継ぎエースを放出しなければならなかったのか。そこにはおそらく3年目で台頭してきた石川直也投手(21)、2年目の田中豊樹投手(23)、ドラフト8位ルーキー・玉井大翔投手(25)らの育成に大きくかじを切った球団の決断があるのだろう。

 31日のソフトバンク戦(東京ドーム)を含め、今季残り51試合を優先的に彼らの育成に使い、来季以降の戦力とするためのトレードと考えられる。

 その出場機会を確保するためには、同じポジションの谷元の登板機会を削るしかなかったと考えるのが妥当だろう。米国では当然の考え方だが、ファンの気持ちを置き去りにするドラスチックな日本ハム式はいつもあつれきを生む。

 何より「正直、驚いています。気持ちを整理するのは難しいですが、必要とされて移籍するからには頑張るしかないと思います」と自分の身に起こった現実を殊勝に受け入れようとしている谷元が、やはり球団方針の“被害者”としか思えない。