腰痛のため二軍で調整していた阪神のマルコス・マテオ投手(33)が31日、甲子園球場で行われた一軍投手指名練習に参加し、ランニング、キャッチボールなど軽めの調整で汗を流した。

 金村投手コーチは「二軍から報告は聞いているが昨日、ピッチングをしたので、今日の状態はどうかということで練習に来てもらった」と説明。選手登録の抹消は22日で、8月1日の広島戦から一軍再昇格が濃厚だ。