無期限の二軍調整が続く阪神・藤浪晋太郎投手(23)が復活ののろしを上げた。

 4日のウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に先発し、5回5安打7三振1四球2失点。1本塁打を許したものの、球速は最速157キロを計測した。「(予定は)5回なんで緩急を使ったり、ボール球を使ったり、いろいろやりたいことはできた。順調? いい感じで投げられている。もっと意図する球で打ち取れれば、長いイニングでもいける」

 自身初の危険球退場など7四死球&7失点と荒れた7月2日の中日二軍戦登板後はしばらくミニキャンプを張り、2度の救援出場を経て同29日のオリックス二軍戦に先発復帰した。

 気になるのは一軍昇格時期だが、掛布二軍監督は「一歩前に進んだ。もう1試合投げさせてみて、となると思う。今の状態で上にいっても大丈夫と思うが、まずは本人が不安を感じずに納得することが大事だ」とコメント。順調なら今月中旬以降の一軍復帰もありそうだ。