【イリノイ州シカゴ発】カブスの上原浩治投手(42)は4日(日本時間5日)、本拠地でのナショナルズ戦で2―4の9回に3番手で登板し、1回を三者凡退、2三振だった。わずか9球だった。勝敗などはつかず、チームはそのまま敗れて3連敗となった。

 先頭ウィータースはフォーシーム2球で追い込んだ。3球目のスプリットは惜しくも外れたが、4球目の140キロフォーシームで空振り三振を奪った。続くディフォは初球のスプリットはファウル。フォーシームを2球続けてカウント1―2。4球目の140キロフォーシームで空振り三振に仕留め、3人目のジマーマンは初球141キロのフォーシームで遊ゴロに打ち取った。2試合続けてリードされた場面での登板となったが、上原は「ワシントン(ナショナルズ)どうこうではなく、後ろが迫ってきている。10ゲーム、20ゲーム離れているわけではない。一戦一戦大事にするだけ」と強調した。自分の仕事を果たすだけだ。