中日・若松駿太投手(22)が6日の巨人戦(東京ドーム)に先発。4月22日のDeNA戦(横浜)以来となる一軍マウンドとなったが、4回途中4失点(自責1)で今季初勝利はならなかった。

 4回、村田、長野の連打から一塁・ビシエドの失策、セーフティースクイズなどで2点を失う。さらにマギーの中前打で2点を追加されて降板した若松は「4回はボール球が先行してしまい、苦しまぎれの投球になってしまいました」と悔しさをあらわにした。

 前回登板のDeNA戦では、3回7失点の乱調で試合途中に名古屋へ“強制送還”された。その屈辱を晴らせず、ベンチではグラブを叩きつけるなど自分の投球に怒りでいっぱいの様子だった。