2位・阪神は6日のヤクルト戦(京セラ)に6―5と競り勝ち、今季4度目の4連勝で貯金を再び2桁の10とした。

 3―4の7回一死一、三塁、代打の6年目・伊藤隼が「心、体、頭を整理して打席に入った」とバックスクリーンに飛び込む2号3ランを放ち、逆転に成功した。

 この日はベテラン・鳥谷が「休養」のため、5月31日のロッテ戦以来のスタメン落ち。そんな中、1番に起用された俊介がプロ入り初の4安打1打点と活躍するなど、伏兵が揃って奮起した。

 金本監督は「初戦、2戦目と勝って3ついけそうなときによく(試合を)落とすパターンがあるけど、勝てたのは大きい。(伊藤隼は)まさかホームランとは…しびれました。危機感を持ってやってくれている」と大喜びだった。