中日・鈴木翔太投手(22)が8日の広島戦(ナゴヤドーム)で、6回まで無安打に抑える快投を見せたが、白星とはいかなかった。

 伸びのある直球にスライダー、フォークを交え、6回まで出した走者はエラーの1人だけ。四球も0と課題の制球も完璧だった。しかし、7回一死から菊池に中前に初安打。さらに続く丸、鈴木に連打を浴び結局、7回1失点で降板した。

 鈴木は「今日はしっかり打者と勝負することができました。7回は追い込んでから甘く入って打たれてしまったのが悔しいです」とコメントした。