第99回全国高校野球選手権大会第3日(10日・甲子園球場)、プロ注目の山下輝投手(3年)擁する木更津総合(千葉)が、日本航空石川(石川)に5―6で敗れ、初戦で姿を消した。

 山下は初回に先制点となる1点を奪われたものの、その後は要所を抑え8回まで2失点の好投。打線の援護を受け、3点リードの5―2で迎えた最終回に悲劇は起きた。二死一、三塁から4連打を浴びて一気に逆転された。その裏の攻撃で反撃したが、あと一歩及ばずゲームセット。

 試合後、山下は「最後は力でねじ伏せようと思って投げましたが、疲れがみえて、思ったような球が行きませんでした。この負けを今後の野球人生に生かしたいです」と涙をこぼした。