広島キラー不発。10日の広島戦(ナゴヤドーム)に先発した中日・八木智哉投手(33)が2回5失点でKOされた。

 初回二死から連続四球を与え、エルドレッド、新井に連続タイムリーを浴びて2点を失った。続く2回には一死一、三塁から鈴木に3ランを左翼席に叩き込まれ、この回で降板となった。

 八木は「投球が消極的でした」とがっくり。2015年に中日に移籍してから5勝のうち4勝を挙げている得意の広島戦で結果を出すことができなかった。