中日が10日の広島戦(ナゴヤドーム)に6―5でサヨナラ勝ちを収めた。打線は最大4点差を追いつき、投手陣は3回から祖父江、伊藤、又吉がそれぞれ2イニング、田島が1イニングを無失点に抑え、9回の大島のサヨナラ打につなげた。これで今回の広島3連戦は2勝1分け。先の巨人戦に続くカード勝ち越しに森監督は「そういうこともあっていいでしょう」と満足げだった。

 チームは現在5位でクライマックスシリーズに出場できる3位・DeNAまでは8ゲーム差。最下位・ヤクルトとは10ゲーム差ある。なかなか目標を定めにくく、チームとしてモチベーションを上げるのは難しい状況。それでいてこの好調さの理由はどこにあるのか。森監督は「下位のほうからチャンスを作ってくれている」と主力以外の選手の活躍を挙げる。

 この日も1―5の2回に堂上、松井雅の7番、8番がつなぎ2点を返し、2点差としたことが大きかったし、サヨナラのきっかけは代打・谷の二塁打だった。「とにかく守りに入らないようにしている。使ってもらって打っているときでもそれは変わらない」と谷。「松井(雅)にしても谷にしても結果が出なければ下から来るっていうのはわかっている」と森監督はいう。

「監督は昨オフは就任1年目とあってトレードをしなかった。でも今年のオフは結果が出なかったらやりますよ、と宣言している。緊張感はあると思いますよ」(チーム関係者)。皆、生き残りに必死となっているのだ。