まさかの理由で、11日の広島―巨人戦(マツダスタジアム)の試合開始が遅延となった。当初、プレーボールは午後6時だったが、陸路輸送していた巨人側の試合用インナーやソックスなどの備品が道路渋滞の影響で球場に届かず、30分遅れでのスタートとなった。

 この日はお盆ラッシュ初日だったうえ、山陽自動車道・西条インター付近で午前中に事故が発生したことが渋滞に輪をかけた。

 練習に参加していた巨人スタッフの一人は「下着がなくて、実はノーパンなんだよ」と苦笑い。東京から空路移動した巨人ナインは当初の練習時間には間に合ったものの、広島空港から普段の倍の1時間40分をかけ、一般道で広島市内へバス移動するなど、ドタバタに巻き込まれた。