ソフトバンクの岩崎翔投手(28)が23日、福岡・ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、6800万円増の1億3000万円でサインした。

 今季は72試合に登板、46ホールドポイントをマークしてともに球団記録を更新した。入団10年目で初めて中継ぎに固定された右腕は、150キロ台の剛速球を武器に守護神・サファテにつなぐ「8回の男」としてリーグ優勝&日本一に貢献。岩崎は「これだけ試合数を投げた中で、ケアも含めてよくここまで投げられた」と防御率1・99と安定した内容に胸を張った。

 大満足の大幅昇給となったが、交渉の席ではMAX156キロを誇る剛腕ならではの〝珍要求〟も飛び出した。「ヤフオクドームのスピードガンが厳しめなので、やさしめにしてくださいとお願いしました。(他球場と比べて)3〜5キロくらい違う。球団からは『検討します』と言われました」とニヤリ。工藤監督から「160キロを投げられるポテンシャルがある」と言われている右腕は「スピードガンがやさしくなれば出るかな」と自信を見せた。

 なお、公式戦で160キロ以上をマークした日本人はこれまで大谷(エンゼルス)、由規(ヤクルト)、藤浪(阪神)がいる。(金額は推定)