巨人・村田真一ヘッド兼バッテリーコーチ(54)が若武者に“喝”だ。

 17日のDeNA戦(新潟)は3―2と接戦を制して連敗をストップ。133球の完投で2勝目を挙げた山口俊については「うれしいよ。トモ(菅野)と並んで引っ張っていってほしいな」と目を細めた同ヘッドだが、思い返したように矛先を2年目の吉川尚に向けた。

 初回無死一塁で犠打を失敗し、3回無死一塁でも走者を送れず三振ゲッツーに倒れた場面を振り返ると「『よーし、これから』というときにチームをシラけさせるわ!」とバッサリ。白星に浮かれず、若いナインの気を引き締めた。