【英国ノースエアーシャー27日(日本時間28日)発】米欧女子ツアー共催の「スコットランド女子オープン」(タンドナルド・リンクス=パー72)初日、宮里藍(32=サントリー)は4バーディー、3ボギーと1ダブルボギーの73で37位だった。日本勢は野村敏京(24)も37位。上原彩子(33=モスバーガー)は3オーバーの68位。7アンダーのカリー・ウェブ(42=オーストラリア)が首位。

 藍は1番パー4で2打目を1メートルにつけてバーディー発進したものの、3番ではラフにつかまってダボを叩くなど、10番終了の時点では4オーバーまで落とす。

 だが「前半は向かい風で難しいが、後半はチャンスホールがある」と我慢のプレーを続けると11番で2メートル、12番は50センチにつけて連続バーディー。17番も1メートル弱に乗せて伸ばし「よく1オーバーで終われた。悪いスコアじゃない」と笑顔を見せる。

 来週のメジャー「全英リコー女子オープン」の前哨戦となる大会で「早い段階で(リンクスで戦う)感覚が出て良かった」との収穫を口に。2日目以降も調子を上げて最後の全英に臨みたい。