男子テニスの世界ランキング8位・錦織圭(27=日清食品)が19日、都内でLIXILの会見に出席した。

 錦織はユニバーサル社会の実現を目指した取り組み「リクシル すすめる、ユニバーサル。」の公式アンバサダーに就任。また、新CM(22日からオンエア)も発表された。

 CMでは「にしこリクシル!」と叫ぶ“決めポーズ”も披露。司会から壇上での再現を促されると、赤面しながら「にしこリクシル!」と応えた。

 撮影を振り返った錦織は「あれが一番、恥ずかしかったですね。でも『にしこリクシル』を考えた人はすごい。いろんな人に言ってもらいたい」と妙に感心しつつ、PRした。

 会見後はテニスイベント「LIXIL 錦織チャレンジ〜ユニバーサルテニス体験〜」にもサプライズ登場。錦織が姿を見せると、24人の小学生は大興奮。車いすテニスの船水梓緒里(16=エイベックス)とともに、ラリー戦などで子供たちとの触れ合いを楽しんだ。

 ウィンブルドン選手権は3回戦敗退。次戦シティ・オープン(31日開幕、米国・ワシントンDC)から始まるハードコートシーズン前の合間を縫っての帰国だったが、終始、リラックスした表情を見せた。

「体調は全く問題ないです。ウィンブルドンが終わって少し日本に帰って、練習だったり、リラックスして過ごしています。これからアメリカに帰ってワシントンから始まるんですけど、夏のシーズンも長く続くので、全米オープンに向けてしっかり準備していきたい」と今後の抱負を語った。