23日のWBA世界ライトフライ級タイトルマッチでV6を狙う王者の田口良一(30=ワタナベ)と挑戦者で同級1位のロベルト・バレラ(24=コロンビア)が21日、試合会場でもある東京・大田区総合体育館で予備検診に臨んだ。そこで発表された数値では、王者が“縮んで”いたことが判明した。

 体重以外の、全身のサイズなどを計測する予備検診。田口は昨年大みそかのV5戦前のデータと比較すると身長が2ミリ低くなっていた。

 これは誤差の範囲内といえるかもしれないが、気になるのは首回りが1・1センチ、胸囲は3センチもスリムになっていたことだ。

 三十路となり、減量も徐々にキツくなってきているだけに、必要以上に絞って、細くなってしまったのか…。

 そうなると、ランク1位の挑戦者を迎え撃つにあたって、大いに不安だが、真実は違った。

「測る時に、随分ギュッと絞られたんです。前回はちょっと余裕のある測り方だったので、その差だと思います」(田口)

 オーバーでパスできなければ失格となる試合前日の計量と違い「予備検診」はセレモニー的要素が強いため、計測方法についてはそれほど厳格ではない。田口が言うように、メジャーを絞るか余裕を持って測るかは、その時のコミッションドクター次第。その違いが数値に出た、ということのようだ。

 写真撮影では珍しくニラみ合いをし「本当はそういうの好きじゃないんですけど、そうした方が盛り上がるかな、と思って」(田口)。

 ひと通りの行事が終わると「自分でタクシー拾って帰ります」と、足取り軽く会場を後に。その様子からは調整の順調ぶりがうかがえた。