WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(23日、東京・大田区総合体育館)の調印式と前日計量が22日に同体育館で行われ、V6を狙う王者・田口良一(30=ワタナベ)、挑戦者の同級1位ロベルト・バレラ(24=コロンビア)がともにリミットの48・9キロでパスした。

 初対面した前日(22日)の予備検診に続いて、写真撮影ではこの日も両者は激しくニラミ合い。さらにバレラは王者にベルトを持つように要求し、奪い取ろうとするしぐさまで見せた。

 こうした行動に王者はへきえきした様子。もともとこうした挑発合戦は好まない性格だけに「勝負をするのはあくまで明日のリング上。あそこは勝負するところじゃない」とウンザリといった表情だ。しつこく“仕掛けてくる”挑戦者に対して「明日は常に先手を取れるようにしたい」と、リング上での主導権は渡さない構えだ。

 計量を終えると「いつも行ってるので」と恒例になっているデニーズへ。「パスタが食べたいです。だけど一気に食べ過ぎて歩けなくなっちゃったことがあるので、今日はゆっくり食べるようにします」と笑顔で話して食事に出かけた。