WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)が25日、9月9日(日本時間10日)に米国・カリフォルニア州カーソンで行うV6戦に向けた走り込みキャンプを、静岡県内で開始した。

 夜明けとともに海水浴客が来る前のビーチを走り、午後は山中の急な階段を上る過酷なメニュー。「キャンプに来ると試合が近づいてきたな、という感じになります」と話しつつも「内容が厳しくなっていて、初日からこんなにキツいのは初めて。明日からどんなふうになるのかが不安です」と漏らした。

 同級7位の挑戦者アントニオ・ニエベス(30=米国)については「リーチが長くて、ジャブとワンツーが主体。そこにリードのパンチをどう当てていくか。『正面衝突』したら絶対にパンチをもらうので、ステップインの速さとかが今まで以上に重要になる」。

 約300段の階段ダッシュを3本連続で行う締めのメニューについては「今までだったら最後は歩きたくなるんですけど、アメリカ(での試合)があると思うと最後まで走ることができる。それがこれまでとは違います」と力強く言い切った王者。1か月半後に迫った米国デビューへ向け、早くも気合十分だ。