【米国・ワシントン5日(日本時間6日)発】テニスのシティ・オープン男子シングルス準決勝で、世界ランキング9位の錦織圭(27=日清食品)は同8位のアレクサンダー・ズベレフ(20=ドイツ)に3―6、4―6のストレートで完敗した。

 第1セット、ズベレフの第1サーブに苦戦した。インなら100%の確率でポイントを奪われる。試合を通じてブレークチャンスもなく、見せ場もつくれないまま、初対戦の新鋭に屈した。

 次戦はロジャーズ・カップ(7日開幕、モントリオール)に2回戦から登場し、同34位スティーブ・ジョンソン(27=米国)と同22位ガエル・モンフィス(30=フランス)の勝者と対戦する。

 順当に勝ち進めば、3回戦で同40位ライアン・ハリソン(25=米国)か同16位ロベルト・バウティスタ(29=スペイン)、準々決勝で同3位ロジャー・フェデラー(35=スイス)、準決勝で同11位グリゴル・ディミトロフ(26=ブルガリア)か同7位ドミニク・ティエム(23=オーストリア)の勝者と対戦する。