「RIZIN FF」は8日、都内で会見し、「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017」(10月15日、マリンメッセ福岡)で開幕する女子スーパーアトム級トーナメントの1回戦で、“シュートボクシングの絶対女王”RENA(26)がアンディ・ウィン(35=米国)と対戦することを発表した。

 総合格闘技(MMA)では初めてトーナメントに出場するRENAは「気持ちとして、私はMMAファイターとしてまだまだの選手。でもこうしてトーナメントに出て、1回戦から『キング・オブ・ザ・ケージ』チャンピオンのウィン選手という強い選手と戦えてうれしいです」と話した。

 もっとも、殊勝だったのもここまでで「私はウィン選手よりも上を見ていて、もっと強い選手と戦いたい。きっちり勝ってもっと上を目指したい。打撃で負ける気がしないし、寝技もレベルアップしているので正直、負ける気は一切ないです」と言い切った。

 一方、昨年大みそか大会で山本美憂を腕ひしぎ逆十字固めで撃破したウィンも自信満々に「私が彼女に初黒星を与える役割をもらえたことは、本当に光栄よ」とのコメントを発表。また、優勝賞金1000万円を元手にして「母親に家を買ってあげたい」と周囲に話しているという。