WBA世界ミドル級タイトルマッチ(10月22日、東京・両国国技館)で王者のアッサン・エンダム(33=フランス)とのリターンマッチに挑む同級1位の村田諒太(31=帝拳)が11日、千葉県内で行っている走り込みキャンプを公開した。

 ゴルフ場でのキャンプは一般営業の前後、早朝と夕方の2部練習。その内容は「中村さん(正彦トレーナー)に『前回(エンダムに判定負けした5月の試合)のキャンプで勝てなかったから、今回はもっとキツいのやるしかないね』と言われて、ハイ、としか言えませんでした」と、より厳しさを増した内容。同じ1000メートル走でも「前回は陸上のトラックだったから慣性でいけるんですけど、ゴルフ場はアップダウンがあるから何度も“ギア”を入れなくちゃならないんです」と村田は説明する。

 メニューについても「メーンディッシュが1つ追加された感じ」と表現するだけあって、6日から始まって14日の打ち上げまでの日数を「指折り数えちゃいます」というほどだ。

 もっとも、すべてはダウンを奪いながら判定負けした前回の雪辱を果たすため。練習中には足が動かなくなりかけることも、心が折れそうになることもある。それでも「次は勝つんだ、と思うことが支えになっています」(村田)。

 もっとも、このキャンプを乗り切れば「スタミナがついた、と自信を持てるようになると思う」。疑惑の判定に泣かされた反省を踏まえ、倒して勝つだけの地力を身につける。