【英国・ロンドン12日発】陸上の世界選手権第9日、男子400メートル予選で、日本は38秒21で1組3着で決勝進出を果たした。走順は多田修平(21=関学大)、飯塚翔太(26=ミズノ)、桐生祥秀(21=東洋大)、ケンブリッジ飛鳥(24=ナイキ)だった。