ボクシングの前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)が15日、王者のルイス・ネリ(23=メキシコ)とのリターンマッチ(3月1日、両国国技館)に向け、都内の帝拳ジムで5ラウンドのスパーリングを行った。

 昨年8月にベルトを奪われ、試合までちょうど2週間。本格的な減量も始まったことで「エネルギー不足」と言い、スパー序盤で上体が浮いてしまう場面があったことに若干の不満をも漏らしながらも、全体的には「練習してきたことの成果が出てる手応えはある」と充実した表情を見せる。

 ベルトを手にし、その後12度防衛の長期政権をスタートさせた2011年11月の王座決定戦以来となる「挑戦者」の立場で臨む試合は、先にリングに上がり、青コーナーで王者ネリの入場を待つことになる。

「でも決定戦の時も青コーナーで、先に入場しましたよね」(山中)と、これはむしろゲンのいいこと。クリスチャン・エスキバル(32=メキシコ)をTKOで下した6年半前の再現といきたいところだ。