サッカー日本代表DF長友佑都(30=インテル)が20日、都内で開かれた「MTG TAIKAN STREAM/Style BX 新製品発表会」に出席した。

 プロゴルファーの片山晋呉(44)とともに商品開発に携わった長友は、使用実例として自らが考案したストレッチを披露。片足立ちで前傾して両手に「TAIKAN STREAM」を持つ姿勢をイタリア語で「小さな子供」という意味を持つ“バンビーノ”と命名し、実演してみせた。

 その後、会場に集まったMTG社の販売パートナーと集合写真を撮影する際、サプライズで花束を贈られ「ご結婚おめでとうございます!」と声を合わせて祝福される一幕も。24日に女優の平愛梨(32)との結婚式を控える長友は、粋な演出に「まさか結婚の祝福をしてもらえるとは思わなかった。うれしい」と大喜び。「しっかりとイベントを成功させて、良い家庭を築けるように頑張っていきます」と“明るい家族計画”を宣言した。

 愛妻との新婚生活の一端も明かし「素晴らしいサポートもあるので幸せを感じている。精神的に明るくしてくれる。“天然”なところもあるので、話しているだけでおもしろい」とおのろけ全開。それでも、ロシアW杯出場切符がかかるアジア最終予選の話題になると「8月、9月の2戦に勝たないといけない。オフだけど気は張り詰めている」と厳しい表情でオーストラリア戦(8月31日、埼玉)とサウジアラビア戦(9月5日、会場未定)の必勝を誓った。