低迷が続いていたJ1浦和が30日、ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)を解任した。今季は優勝候補に挙げられながら8位と低迷しており、前日(29日)の札幌戦では下位を相手に0―2と完敗。現状のままではチーム再建は不可能とクラブ側は判断し、指揮官の更迭が決定した。後任の監督には堀孝史コーチ(49)が就任して巻き返しを図る。

 下降の一途をたどるチーム状況を受け、クラブ幹部は札幌戦を終えて帰京後、深夜に集まって緊急会議を開催。ペトロビッチ監督の解任と堀コーチの昇格を決定し、この日午前中に行われた練習前に本人に言い渡した。

 練習後、淵田敬三社長(62)は「今の状況を打開するには、新しいチャレンジをしないといけない。監督には今朝、話をして『クラブの決断を受け止める』と淡々と聞いていた」と説明。山道守彦強化本部長(54)は解任の経緯を「4月下旬の大宮戦以降、失点の多い試合が多くなった。その後改善を図ったが、札幌戦の試合内容やもろもろのことを見て判断した。改善の兆しが見られなかった」と語った。

 昨季の年間勝ち点1位で、今季は11年ぶりのリーグVを狙った浦和だが、守備陣が崩壊して8位に低迷。失点数は最下位の新潟に次ぐワースト2位の36失点と深刻な状況に陥っている。今後のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝の川崎戦(8月23日=等々力、9月13日=埼玉)やルヴァンカップなどを見据え、大ナタを振るうことになった。

「選手と一緒にはい上がっていきたい」と堀新監督。泥沼の名門は指揮官交代の荒療治で復権を果たせるか。