2017JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝の組み合わせ抽選会が31日、都内で開催された。

 前回王者の浦和はC大阪との対戦が決定。抽選会に参加したFW武藤雄樹(28)は「すごく勢いがあるチームだし、いまチームは厳しい状況にあるけど、前回チャンピオンとして恥ずかしくない試合をしたい」と気合十分。前日(30日)にミハイロ・ペトロビッチ監督(59)が電撃解任され、チームは激震に見舞われているが、堀孝史新監督(49)のもとで連覇を目指す覚悟だ。

 タイトル防衛のためには、自身の活躍が不可欠と力を込める。「今年はゴールを決めて、僕の力で優勝に導きたい。僕が毎試合ゴールを決めれば勝てる」と堂々宣言。自らに高いノルマを課してチームをけん引するつもりだ。

 さらに“運”も味方につける。「昨年、僕が抽選に来て優勝したので『次もお前だな』とみんなに言われて今年も来た。また優勝して来年も来たい」とニヤリ。ピッチ外でもルヴァンカップとの相性の良さを発揮して連覇を狙う。