ハリルホジッチ監督が“誤報”を連発して厳重注意された。指揮官は7日、都内で行われた公式会見に出席。ケガで離脱したFW杉本健勇(25=C大阪)について「足首の問題があることもわかった。彼も手術をしている」と語ったが、現時点で手術を行っていなかった。協会関係者が監督発言を訂正し、C大阪には謝罪したという。

 さらに追加招集となったFW土居聖真(25=鹿島)の私生活にまで言及。大会期間中に結婚式を挙げるかのようなコメントだったが、大会後の誤りだった。J1鹿島サイドから、選手のプライベートに関わる発言を控えてほしいとのクレームを受け、こちらも謝罪となった模様だ。一連の問題を受け指揮官は、協会サイドから発言に慎重となるよう注意を受けたわけだ。