サッカーのドイツ1部ブレーメンは26日、前日に行われたホッフェンハイム戦で負傷交代を余儀なくされた日本代表FW大迫勇也(30)の検査結果を公式サイト上で発表し、重傷ではないことを明らかにした。

 大迫はベンチスタートだったホッフェンハイム戦の前半38分から出場し、試合終盤に相手選手との競り合いで右ヒザを負傷。後半42分に退いていた。

 悲観的な見方をしていたフロリアン・コーフェルト監督(38)は「検査でヒザに問題がないことがわかった。痛みを伴う打撲でしばらくは様子を見たいが、今週中にユウヤが練習に復帰することも不可能ではない」と説明。

 懸念されていた長期離脱は避けられたようで、まずは一安心といったところだ。