「3年チャレンジ組」と書かれたドアを開けると、壁には時間割と学級目標。黒板代わりのホワイトボードの前には教壇があり、そこに立つと、2人掛けの長机が四つ見渡せる。青森市教委が7月4日から8月1日まで、毎週火曜日に計5回開いた市民向け学習体験講座。同市の沖館市民センターの一室に1カ月だけ設けられた小さな教室に、63〜86歳の生徒たちの元気な声が響く。「これから、1時間目の授業を始めます」【写真説明】教室で童謡「富士山」を合唱する受講者ら