五所川原立佞武多(たちねぷた)は最終日の8日、大型立佞武多3台がそろい踏みする「お見合い」を披露後、計17台が中心街に出陣。「ヤッテマレ、ヤッテマレ」と威勢のいい掛け声が響く中、熱気に満ちた祭りが閉幕した。期間中(3日の花火大会を除く)の人出は昨年より約7万人多い約118万人(主催者発表)だった。【写真説明】新作の「纏(まとい)」(右)と「歌舞伎創生 出雲阿国(いずものおくに)」(左)を従えて、最後の出陣に挑む「津軽十三浦伝説 白髭水と夫婦梵鐘(しらひげみずとめおとぼんしょう)」=8日午後7時3分、五所川原市大町