多様な人材を生かす「ダイバーシティ」の考えに基づき、青森県の女性研究者や技術者の研究活動を支援しようと、県内15の大学や企業などが9日、「あおもりダイバーシティ研究環境推進ネットワーク」を立ち上げた。女性研究者たちの研究・交流の場を設けるなど、関係機関が連帯して女性が活躍しやすい環境を整え、地域活性化を推進する。【写真説明】県内の大学や企業などでつくる「あおもりダイバーシティ研究環境推進ネットワーク」の設立総会=9日、弘前大学