11日、濃い霧に紛れるように米軍普天間飛行場(沖縄県)の新型輸送機MV22オスプレイ4機が米軍三沢基地に飛来した。今月5日、乗員3人が死亡したオーストラリア沖での墜落事故からわずか6日。青森県三沢市や周辺地域で不安が広がる中、飛行自粛要請に配慮しない米軍の対応に、自治体関係者や住民は戸惑い、憤りをあらわにした。【写真説明】米軍三沢基地に飛来した新型輸送機オスプレイ。防衛省は11日、オスプレイの飛行再開を容認すると発表した=11日午後4時40分ごろ