青森県は漁業取締船「はやかぜ」の老朽化に伴い、新たな取締船の建造に着手する。建造は9月以降に始まり、2018年中に完成する予定。夜間でも撮影可能な最新の高感度カメラを搭載し、近年多発しているナマコ密漁の取り締まり強化や、海難事故の早期発見につなげる狙い。【写真説明】老朽化が著しい漁業取締船「はやかぜ」(県提供)