第85回東奥児童美術展(東奥日報社など主催、県立郷土館、東奥日報文化財団共催、サクラクレパス協賛)が15日、青森市の協同組合タッケン美術展示館(青森市民美術展示館)で始まった。大好きな家族の顔や、花火大会や新幹線などの思い出を元気いっぱいに表現した作品が並んでいる。【写真説明】「上手だね」と話しながら作品を楽しむ園児たち