衛生用紙製品ブランド「エリエール」を展開する大王製紙株式会社は、近年失われつつあるかけがえのない人と人の触れ合いを取り戻すことで、幸せと笑顔を増やしたいという想いから始動する「えがおにタッチ PROJECT」の記者発表会を4月25日に実施。

プロジェクト発表に加え、コロナ禍における触れ合いの効果や重要性を専門家が登壇して解説やトークを行なったほか、触れ合いを取り戻したくて仕方がないお笑い芸人として、ダチョウ俱楽部も登壇し、誰でも簡単にできる“タッチング“の実践なども行いました。

 

エリエール「えがおにタッチ PROJECT」始動

 

「えがおにタッチ PROJECT」とは

「えがおにタッチ PROJECT」は、衛生用紙製品ブランド「エリエール」を展開する大王製紙株式会社が立ち上げたプロジェクト。

少数世帯が増えることで家庭内の触れ合いが減っていることに加え、SNSの普及によりリアルな触れ合いの機会も減少。さらには、昨今の情勢下でソーシャルディスタンス・テレワークなどが当たり前となったことで、対面でのコミュニケーションが急速に減少傾向にあるのだとか。

これまで通りに他者と触れ合ったり、会話をすることは少なくなっていると感じる方も多いのではないでしょうか。

「誕生から介護まで、1人1人の幸せにそっと寄り添うブランドでありたい」という願いを持つエリエールは、触れ合いの実態やその効果を明らかにする調査を実施。

そして人と人との大切な触れ合いを「エッセンシャルタッチ」という言葉に込め、幸せと笑顔を増やしたいという想いから「エリエール えがおにタッチ PROJECT」を立ち上げたと説明しています。

この「えがおにタッチ PROJECT」では、手を繋いだりさすったりといった”からだ”の触れ合いと、目を合わせたり優しく接したりする”こころ”の触れ合いの2つの大切さを伝え、効果的に幸せホルモン「オキシトシン」を分泌させるためのタッチングノウハウを専門家の監修のもと開発し、特設サイトや「エッセンシャルタッチブック」を通して発信。

また、イベントなどを通して啓蒙活動を行なっていくほか、寄付活動も行っていくと説明しています。

 

「えがおにタッチ PROJECT」発表会

今回発足した「えがおにタッチ PROJECT」のメディア向け発表会が、発足日となる4月25日に行われました。

発表会では、大王製紙株式会社 取締役常務執行役員である設樂裕之氏や、看護学博士・看護師・ケアマネージャーの堀内園子氏、小諸高原病院診療部長で精神科医の城甲泰亮氏らが登壇。

この度行った触れ合いの効果に関する実験や、触れ合いに関するアンケートの結果について見解を話したほか、より良い触れ合いとして「タッチング」を紹介するなど、”からだ”と”こころ”の触れ合いについてのアドバイスなどを語りました。

 

ゲストにダチョウ倶楽部も登壇

記者発表会後半には、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の3人が登壇。

昨今の情勢もあり、持ちネタの殆どが「密」でないと出来ないものだと説明し、

「ケンカしてもキスが出来ないし、熱湯風呂での押すなよも近づけないので、さすまたで押されたこともあった。商売あがったりだよ」

と語られていましたが、リモートワークの増加などで家族と触れ合える時間も同時に増え、悪いことばかりなく良い変化もあったともコメントされました。

会場では堀内氏、城甲氏の専門家2名からタッチングを指南され、実践することに。

「幸せな気持ちになれる」「改めてメンバーが好きになった」とその効果を実感されていました。

また、「リーダーの方が上手かったなぁ」「俺の方が良かっただろ!」といつものケンカの流れから、キスをする鉄板ネタを披露する一幕も。

肥後さんの見事なカットインでアクリル板越しにキスをすることになりましたが、会場も笑い声が絶えず、まさに”からだ”と”こころ”の触れ合いで笑顔溢れるイベントとなりました。

 

日頃から人と接触する機会が激減してしまった中で、幸せだと感じる方も減少傾向にあります。

そんな情勢の中でエリエールが始動した「えがおにタッチ PROJECT」では、情報発信などの啓蒙活動のほか、イベント活動や募金活動なども行なっていくことも発表しています。

「日常の中で幸せと感じる機会が減ったな」と思う方は、ぜひ「えがおにタッチ PROJECT」公式サイトなどでタッチングのノウハウなどを学んで、実践されてみてはいかがでしょうか。

「エリエール えがおにタッチ PROJECT」特設サイト:
https://www.elleair.jp/egao-touch

公式Twitter:https://twitter.com/egaoprj_elleair