不動産の仲介・販売を行なっている東急リバブル株式会社は、新築マンション・新築戸建の集約型販売拠点「東急リバブル・銀座サロン(以下、銀座サロン)」を、5月14日にオープンしました。

「Seamless」をテーマに境界を極力排除した開放的な空間が特徴となっており、心理的ハードルを取り払った空間となっています。

 

東急リバブルの集約型販売拠点「銀座サロン」オープン

東急リバブルは、マンションや一戸建て、土地などの不動産物件の物件受託販売や不動産仲介、自社ブランドの不動産販売などを行なっている企業。

その東急リバブルがこの度、5月14日より新築マンション・新築戸建の集約型販売拠点「銀座サロン」をオープンしました。

銀座サロンでは、デジタル技術とリアルを融合させた、新たな住まい探しの体験が可能な施設となっています。

 

「銀座サロン」の特徴

ウェビナーやオンライン商談の普及から、モデルルームに来場する前に多くの物件情報を調べることが出来る環境となった昨今。

こういった変化に対応すべく、従来の各拠点への集客に注力した販売方法から、デジタル技術を活用した原寸大の室内空間の再現・3D建物模型、間取りプランのVR化等により、1つの拠点で継続的に複数の物件のリアルな体感を提供するという販売手法へと転換すべく、この銀座サロンをオープンしたと東急リバブルは説明しています。

上述した通り、銀座サロンは最新のデジタル技術を駆使しており、バーチャル技術で物件の屋内を完全再現させ、空間を自由に行き来できる「バーチャルルーム」や、大型モニターとVRによる室内体験が出来るのほか、物件の検索が出来る「VR・物件検索スペース」などが備えられています。

 

銀座サロン施設紹介

 

バーチャルシアター

3方向の壁面と床に投影されたVR内覧システム「ROOV」による3DCGの室内空間。

パノラマパースやモデルルームの360度画像等とは異なり、空間を自由に行き来することが出来るため、生活導線の確認やインテリアのシミュレーション、各階ごとの眺望の投影に部屋の採寸をすることも可能。

入居後のイメージをよりリアルに、室内にいるような没入感で体感することが出来るコーナーです。

 

AIアバターによる受付窓口

銀座サロンのエントランスでは、来場者への受付窓口としてAIアバターがお迎えしてれます。

来場者と会話をしながら、予約の確認やコーナーへの誘導を行ってくれます。

 

VR&物件検索スペース

大型モニターでは、VRを利用して来場者自身が操作することで、物件の室内を体感することが出来ます。

また、東急リバブルが販売する物件情報をタッチ式モニターで閲覧することも可能なため、気に入った物件探しを行う際に重宝するブースとなっています。

 

商談ブースやオンライン専用ブース

明るく開放的な商談ブースでは、物件の説明や住宅ローンの相談等をはじめ、不動産投資や資産形成・運用など、不動産に関する様々な相談をすることが出来るようになっています。

また、オンライン専用ブースでは専門スタッフによるオンライン商談を随時実施するとのこと。

 

コミュニティスペース

主に、来場者や事業主との商談・打ち合せコーナーとしての利用の他、社員のモバイルワークスペースとしても利用するブース。

常設の大型スクリーンとプロジェクターを完備しており、不動産に関する様々なWEBセミナーの開催、ユーザー目線を商品計画に活かす「ルジェンテ・ライフ・アトリエ」の一環として、ルジェンテユーザーとの懇親の場を提供する予定と説明しています。

 

施設詳細

●東急リバブル・銀座サロン

住所:東京都中央区銀座一丁目8-19 キラリトギンザ8F

アクセス:
東京メトロ
「銀座一丁目」駅 9番出口より徒歩2分
「京橋」駅 2番出口より徒歩3分
「銀座」駅 A13番出口より徒歩5分
「有楽町」駅 D9出口より徒歩6分
JR「有楽町」駅 京橋口より徒歩7分

電話番号:0120-036-109
営業時間:10:00〜18:00 ※完全予約制
定休日:水・木・第3火曜日(祝日除く)

URL:https://www.livable.co.jp/kounyu/salon/ginza/

 

銀座にオープンした、東急リバブルのデジタルとリアルを融合した施設「銀座サロン」

住宅探しを行う上での緊張や心理的ハードルを取り払ってくれるよう設計されているだけでなく、住宅探しにおいても非常に便利かつ最新技術で物件を吟味することが出来る施設となっています。

来場は完全予約制となっているので、ぜひ新しい家探しをしている方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。