10月1日〜2日の2日間で東京国際フォーラムで開催される、「グローバルフェスタ JAPAN2022(主催:グローバルフェスタ JAPAN 2022実行委員会)」では、特別企画として実施される「外務省フォトコンテスト」の応募作品を現在募集中です。

 

グローバルフェスタ JAPANの特別企画「外務省フォトコンテスト」開催中

 

グローバルフェスタ JAPANとは

「グローバルフェスタ JAPAN」は、国際協力の現状や必要性などについての理解と認識を深めてもらうことを目的とした国内最大級の国際協力イベント。

外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)及び特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)が共催し、毎年10月6日「国際協力の日」前後に開催しています。

SDGsの意識が高まる昨今は、貧困などの開発途上国の開発や感染症、気候変動、環境などの地球規模課題、さらにウクライナ問題や食料危機などの人間の尊厳を脅かす問題が多数生じています。

このような現状だからこそ「グローバルフェスタ JAPAN」を通し、世界の国や地域のことを来場者、視聴者に知ってもらい、理解を深め、それぞれが国際協力に参加していく契機となって欲しいという想いから開催されています。

 

外務省フォトコンテスト開催中

「グローバルフェスタ JAPAN2022」で行う「外務省フォトコンテスト」は、戦場カメラマンの青木弘氏やライカジャパンの米山和久氏を審査員に迎え、国内・国外で、国際協力のひとコマを撮影した作品募集を行うことで、これからの未来を見据え、1人1人の思いを世界に繋げていけることを願い、その中で多くの方が応募をして欲しいとコメントしています。

※昨年度の最優秀賞作品「真剣な顔しか勝たん!」(応募者:小松 勇輝さん)

今回の「外務省フォトコンテスト」のテーマは「心をつなぐ一枚の写真 ―共につくるせかい―」。

これからの世界が少しでもより良いものになるよう「心をつなぐ」をキーワードに、「国際協力」のひとコマを撮影した作品を募集するとのこと。

なお、今回最優秀賞に選ばれた方には賞品として「ライカV-LUX5」が贈呈される他、優秀賞やいいね賞の受賞者にも素敵な景品が贈呈されます。また、10月1日〜2日の「グローバルフェスタ JAPAN2022」の会場である東京国際フォーラムにて表彰式も開催致します。

この機会に、学校・職場・家庭などで語り合い、笑いあって過ごした心に残るひと時の想いや大切な時間を思い出してみてはいかがでしょうか。

 

グローバルフェスタ JAPAN2022 外務省フォトコンテスト詳細

●応募スケジュール
8月31日:応募締め切り
9月1日:「いいね賞」オンライン投稿、「最優秀賞」・「優秀賞」選考の開始
9月12日:「いいね賞」投票締切
9月下旬頃:選定された応募者の方へ連絡があります。
※10月1日、2日のグローバルフェスタ JAPAN2022の会場(東京国際フォーラム)にて表彰式が実施されます。

●審査員
・戦場カメラマン 青木弘氏
・ライカジャパン 米山和久氏

●各賞一覧
最優秀賞(1名様) ライカV-LUX5
優秀賞(1名様)
いいね賞(1名様)

●その他
応募に関する注意事項は下記公式サイトで記載されております。必ずご確認ください。

●主催
グローバルフェスタ JAPAN2022

「外務省フォトコンテスト」選考基準

1:フォトコンテストのテーマに合っているか
2:国際協力を伝える作品として優れているか
3:キャプションが伝わりやすいメッセージになっているか

 

グローバルフェスタ JAPAN2022が開催する、外務省フォトコンテストでは、最優秀賞はライカのコンパクトデジタルカメラがプレゼントされることが発表されています。

戦場カメラマンの青木弘さんも審査員として参加するこのコンテスト。興味がある方はぜひ公式サイトより応募してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:https://gfjapan2022.jp/contest/