香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部が、2022年7月28日〜8月7日までの11日間にわたって、東京・丸の内にあるKITTE アトリウムにて開催する「香港ミニチュア展」が、7月28日に開幕しました。

香港特別行政区の設立25周年を記念し、約5年ぶりに日本で開催となる本展示。香港以外で世界初公開となる超弩級の「ヒクトリアハーバー」がお披露目となるなど、注目のイベントとなっています。

 

「香港ミニチュア展」東京都・丸の内 KITTEアトリウムにて開幕

東京都・丸の内のKITTE アトリウムにて開催する「香港ミニチュア展」は、昨今の情勢もあって約5年ぶりの開催。

今年は香港行政区の25周年ということもあり、今回の展示では香港以外の場所では世界初公開となる「ビクトリアハーバー(維多利亞港)」をはじめ、新たに制作された8作品を含む25点が日本初公開となるほか、新作を含めた大小40点にのぼるミニチュア作品が一堂に会しました。

 

制作チームらが開催に合わせたオープニングに登場

香港特別行政区の設立25周年にあたり、その記念イベントの1つとして、約5年ぶりに東京で開催されることになった本イベント。

冒頭で挨拶に立った香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部の首席代表代行を務めた胡鉅華(トーマス・ウー)氏は、本イベント開催の意義について、

「このミニチュア展で、国際都市・香港ならではの魅力だけでなく、香港が創造性に満ち、東洋と西洋が融合する個性溢れる都市であることをお見せ致します。
これら展示されたミニチュアを通じて、香港が遂げた発展を感じ取って頂ければと願っております」

とコメントされていました。

また、今回展示されているミニチュアの制作チームの一員である、ジョイフルミニチュア協会会長・潘麗瓊(カルメン・プーン)氏は、本イベントの見どころについて、

「ミニチュアアートには時間と空間を超える力があります。(昨今の情勢で)海外渡航が難しくなった今、ミニチュアアートはまるで魔法をかけたかのように皆さまの目の前に香港を連れてきます。
どうぞご自由に写真を撮って頂き、香港をあなたのポケットに収めてください。香港ミニチュア展が友情と期待の種を撒き、のちに芽を吹くことを願っております。」

とコメントされていました。

 

東京で香港と出会える精巧なミニチュアが多数集結!

来場した方に、「幅3.5mx奥行き1.5mx高さ1m」という特大サイズの「ビクトリアハーバー(維多利亞港)」のミニチュアがお出迎えをしてくれます。

40棟の摩天楼の灯りや、伝統的な木造帆船「ダックリング号」、120年以上にわたって九龍半島の南端と香港島を結ぶ「スターフェリー」が海の上を進む様子など、2年もの歳月を掛け精巧に再現された「100万ドルの夜景」は必見です。

また、AR(拡張現実)を活用し、背景の夜空に自分の顔写真を使った花火が打ち上がるというギミックも搭載されており、自分の顔写真を撮って楽しむことも出来るようになっています。

また、「蘭桂坊/ランカイフォン」では、人混みに紛れてMCUの人気キャラクター「ドクター・ストレンジ」が敵と対峙している場面も。

細かなところまで作り込まれており、他のミニチュアにもこういった仕掛けがあるのかと隅々まで探したくなりますね。

会期中には、潘麗瓊(カルメン・プーン)会長によるミニチュア制作の実演会も予定されているほか、フォトスポットやガリバー気分で写真が撮れるミニチュアなども設置。

夏休みを迎えた親子連れのお出かけスポットとして、また自由課題研究のアイディア探しはもちろん、ミニチュアを通じて気軽に海外旅行気分を味わいながら、香港の伝統や文化に触れられる絶好の機会となります。

開催スケジュール

●日時:2022年7月30日、31日、8月6日、7日
14時〜、16時〜(各回のセッションは約1時間を予定)
※実演会の詳細は「香港ミニチュア展」のウェブサイトにてご確認ください。
https://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/miniature2022/
※やむを得ない事情により、開催予定が変更・中止となる可能性があります。
※観覧は無料です。

●開催概要
名称:「香港ミニチュア展」in東京2022
会期:2022年7月28日〜8月7日
観覧時間:午前11時〜午後9時

会場:KITTEアトリウム
JR/東京駅から徒歩約1分、
京葉線東京駅から徒歩約3分、
有楽町駅から徒歩約6分
東京メトロ/丸ノ内線東京駅から地下道直結、
千代田線二重橋前<丸の内>駅より徒歩約2分、
有楽町線有楽町駅から徒歩約6分

入場:入場無料
主催:香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部(香港経済貿易代表部)
協力:香港政府観光局、キャセイパシフィック航空

 

香港特別行政区の設立25周年を記念し開催となった、日本で5年ぶりの「香港ミニチュア展」では、香港以外では日本を含め世界初の公開となるヴィクトリアハーバーをはじめ、香港の風景をそのまま切り取ったかのような迫力のミニチュアを計40点の作品が並びます。

特に大迫力のヴィクトリアハーバーは必見です。ぜひ足を運んで、ARなどの機能で遊んでみてはいかがでしょうか。

「香港ミニチュア展」オフィシャルサイト:https://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/miniature2022/