「ごめんねごめんね〜」の持ちネタで人気の、栃木県出身お笑いコンビ「U字工事」のお2人を起用し、この度JA全農とちぎ(全国農業協同組合連合会栃木県本部)が制作するテレビCM「うますぎて栃木米」が9月20日より関東1都6県にて放送開始となります。

このCMの発表と、キャラクターとして起用したU字工事が就任した「栃木米アンバサダー」をお披露目するプレス発表会を、東京都・千代田区にある帝国ホテルにて開催しました。

 

栃木県米アンバサダーお披露目会が開催

 

栃木米アンバサダーのU字工事が出演するCMが公開開始

栃木県は自然に恵まれ、お米を含めた農作物が有名。

栃木県産の「コシヒカリ」「なすひかり」、そして栃木県の新たなブランド米として注目を集める「とちぎの星」は、米の食味ランキングにて最高評価の特A評価を受けている人気ブランド。米全体の生産量も、栃木県は全国8位とトップクラスです。

さらに「とちぎの星」は令和の大嘗祭(だいじょうさい)にて、皇室献上米に選ばれるなど、最高級の米ブランドとしての栄誉も得ている注目の米ブランド。

この度、その栃木米の魅力を全国に発信するべく、同県出身のお笑いコンビ「U字工事」が栃木米アンバサダーに就任しました。

JA全農とちぎはそのU字工事を起用したテレビCM「うますぎて栃木米」を9月20日より関東エリアにて公開。

U字工事の2人がマラカスを振りながら「うますぎて、ごめんね〜」と軽快なダンスを踊るといった明るい内容で、一度聞くと耳に残るリズミカルな歌も合わせて、非常に特徴のあるCMとなっています。

特に、U字工事の持ちネタ「ごめんねごめんね〜」をもじった「コメんね米んね〜」は必見です。

 

アンバサダーお披露目会を帝国ホテルにて開催

JA全農とちぎは、東京都・千代田区にある帝国ホテルにて、「栃木米アンバサダーお披露目会」を開催。

全農栃木県本部運営委員会会長を務める菊地秀俊さんや、JA全農とちぎの本部長である池田佳正さんらの挨拶の後、U字工事の福田薫さん・益子卓郎さんらが登壇。

アンバサダー委嘱状が送られると、

「漫才ではスベっても、お米のPRはしっかりとやっていきたい」

と意気込みをコメントされていました。

また、お2人は帝国ホテルでのお披露目会開催に緊張していたそうで、栃木県の米アンバサダー就任の会見場が帝国ホテルだったことに「ドッキリだと思いました」とコメントし、会場を笑わせていました。

また、スペシャルゲストとして杉浦太陽さんと辻希美さん夫妻も登壇。

実家が栃木県にあるそうで、普段から馴染み深いと語った辻さん。実家には杉浦さんも一緒に訪れているそうで、栃木県の名産や栃木米に合う食材にも非常に詳しい様子。

夫婦揃って料理が得意であり、YouTubeチャンネルでもその腕を振るっているお2人が栃木米に合う品を語っていると、思わず福田さんから

「それ以上栃木に詳しくなるのやめてもらっていいですか!?イメージで敵わなくなる!」

と泣きが入り、会場中から笑い声が出ていました。

ゲストを含めた4人は、実際に栃木米を実食。その美味しさを噛み締めていました。

杉浦さん・辻さん夫妻は今年で結婚15周年となり、それを記念して「とちぎの星」を使ったちらし寿司ケーキがサプライズプレゼントされる場面も。

いちごの形にしたお寿司は、栃木県の名産の「いちご」と「結婚15(いちご)周年」をかけたもので、これには全員が大興奮。

会場内が笑顔と笑いに包まれた和やかな雰囲気のまま、イベントは終了となりました。

 

今後は関西も含めた日本全国にPRを行い、「とちぎの星」を含めた栃木米の普及活動を行っていきたいと語ったU字工事のお2人。

そのアンバサダー活動第1弾となるテレビCMは、9月20日より1都6県の関東圏で放送開始となります。