靴のめぐみ祭り市実行委員会は、主催する業界最大級の靴フェア「第48回 靴のめぐみ祭り市」の特別企画、第15回「日本シューズベストドレッサー賞」授賞式を2022年11月26日に開催。

男性・女性・シニア部門賞に、俳優の内藤秀一郎さん、タレントの王林さん、お笑いタレントの関根勉さんが受賞され、東京都台東区にある玉姫稲荷神社で開催された授賞式に登壇されました。

 

「第15回 日本シューズベストドレッサー賞」授賞式が開催

日本シューズベストドレッサー賞は、「今年もっとも革靴が似合う著名人を選ぶ賞」で、受賞者の選考は靴のめぐみ加盟社と取引先の協力による一般から推薦があった候補者の中から選考委員会で検討を重ね決定されているそう。

本授賞式の一般公開を2022年11月26日に、台東区・清川にある玉姫稲荷神社で行われた「第48回 靴のめぐみ祭り市」で開催。

2022年度の受賞者として、男性部門賞には仮面ライダー俳優として活躍されている内藤秀一郎さん、女性部門賞には津軽弁トークなどで現在ブレイク中のタレント王林さん、シニア部門ではお笑いタレントとして幅広い世代から親しまれている関根勉さんがそれぞれ受賞されました。

受賞された3人は、玉姫稲荷神社で開催された授賞式に出席。

授賞式では、靴のめぐみ祭り市の会長である恒次勝利さんや来賓の方々が挨拶・祝辞を述べ、授賞式が開幕となりました。

 

受賞者オリジナルデザインの靴を贈呈

登壇した3人は、それぞれ恒次会長や来賓の方々から表彰状などと共に、受賞者自身がデザインしたオリジナルの靴が贈呈。

それぞれ受賞されたことに対する喜びのコメントを話されました。3人の中で王林さんだけこだわりが特に強過ぎたためか、靴が授賞式に間に合わない事態に。

「色々ここをこうしたい、って言っていたら間に合わなかったんです(笑)」とコメント。

靴については、

「青森の冬は雪が凄く降るため皆長靴などを履いていて、おしゃれにいけないくらい雪が降るので、雪の青森でもおしゃれを楽しめるよう、ウエスタンブーツをお願いしました。」

と、ウエスタンブーツをデザインしたと話されました。刺繍がリンゴマークになっていたりと、地元青森を表現したウエスタンブーツとなっているそうです。

関根さんは歩くのが好きなことと、関根さんが好きな色である「明るいブルー」ということをポイントに、オリジナルデザインで作られたスニーカーをデザイン。

「歩きやすい、疲れにくいというのが1番大切にしている部分ですので、それでいてちょっとおしゃれという。」

と、靴のデザインについて説明されました。

内藤さんは、

「普段革靴は黒のワントーンだけなのですが、自分らしさも出したいなということで、赤のラインを入れさせて頂きました。」

とコメント。普段から上半身よりも下半身(パンツ、靴)のおしゃれを大事にされているとも話されており、今回のシューズベストドレッサー賞の受賞が凄く嬉しいと喜ばれていました。

「藤岡弘さんに続き、仮面ライダー俳優2人目の受賞」という点についても、かなり嬉しいとコメント。

関根さんが「いや〜彼はね、僕の時の仮面ライダーよりもね、スマートなんだよねぇ。カッコいいよねぇ。」と藤岡さんのモノマネを披露されると、

「めっちゃ似てますね(笑)ちょっとその声やられるだけで緊張しちゃいます。」

とコメントし、会場は笑い声に包まれました。

 

クラフトマン部門の授賞式も開催

著名人の部門の後は、クラフトマン部門の授賞式も開催。

こちらは将来の靴作りの未来を担う方々の才能を発掘し、その作品を表彰する部門。全73作品の応募の中から6作品に絞られ、その中からグランプリを決定します。

最優秀賞以外の方々も、準グランプリ・審査員特別賞・ビジュアル賞・デザイン賞・アイデア賞として賞状と賞金・目録などが贈呈されました。

見事グランプリに選ばれたのは、平馬直弥さんの作品「夏の夜(なつのよ)」。独特の色合いと、トンボをモチーフとした形状の革靴が特徴となっています。

「今の革靴は、良い意味でも悪い意味でも”変わらない魅力”があると思っていて、それをもっと良い形で今までにないような靴を作りたいなと思い、製作致しました。」

とコメントされました。

今回のクラフト部門の受賞者は以下の通りです。

グランプリ:平馬直弥さん「夏の夜」
準グランプリ:朱 靖心さん「Reversal」
審査員特別賞:村井真美子さん「深緑の大木の靴」
アイデア賞:太田誠さん「魔法の絨毯」
デザイン賞:清水美帆さん「秘め事」
ビジュアル賞:束原じゅんさん 無題

 

ファッションショーでオリジナル靴を披露

その後に開催されたファッションショーでは、著名人・クラフトマンそれぞれの受賞者たちのオリジナル靴を披露。

関根さんは千葉真一さんのモノマネをされるなどのコミカルな動きで、ゲストをはじめ会場中を笑わせていました。

 

革靴が似合う著名人と、未来の革靴職人を表彰するシューズベストドレッサー賞も、今年で15回目となりました。

台東区の玉姫稲荷神社で毎年11月最終土曜日・日曜日に開催される「靴のめぐみ祭り市」の特別イベントとして開催される本イベント。

クラフト部門の受賞者たちの靴はどれも非常にレベルが高く、審査員の方々も毎年頭を悩ませている程なのだとか。

受賞作品が気になる方は、靴のめぐみ祭り市の公式HPなどをぜひご確認ください。

靴のめぐみ祭り市公式HP:https://www.kutsumatsuri.com/