新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、2022年11月24日から12月1日までの期間、世界で活躍されているアスリートをゲストに招いたイベントを東京・渋谷の各地で開催。

11月27日・30日には、トヨタ自動車(以下、トヨタ)に所属する選手・コーチら(GLOBAL TEAM TOYOTA ATHELETE)による、「#世界にチャレンジ」をメッセージとしたトークショー「日本を背負う想い~世界にチャレンジ~」を実施しました。

 

「ABEMA」渋谷でトヨタ所属アスリートを招いたトークイベントを開催

「GLOBAL TEAM TOYOTA ATHLETES」は、世界に挑戦するトヨタ所属のアスリートやコーチなどの指導者たちの呼称。

トヨタは創業以来、どんなに本業が厳しい状況でも、また社を取り巻く環境が大きく変わっても一貫してスポーツの持つ「力」を信じ、スポーツを通じて従業員の一体感を醸成。

スポーツによって士気を高めてきた、これまでのトヨタの」歴史を誇りに思うと共に大切にしていると説明しています。

今回のイベントでは、「GLOBAL TEAM TOYOTA ATHLETES」たちが多数登壇するトークショーを渋谷で開催。

トークショー1日目となる11月27日は「渋谷PARCO 屋上広場」にて、元サッカー日本代表で「FIFA ワールドカップ カタール 2022」を全64試合無料生中継する「ABEMA」が支援されている、FC町田ゼルビア所属の太田宏介選手と、トヨタ所属の元バスケットボール日本代表・三好南穂さんが登場しました。

 

トークショー1日目に太田宏介・三好南穂が登場

この日は大きな盛り上がりを見せているサッカーの祭典、「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の日本対コスタリカ戦を目前に控えてのトークイベント。

選手のモノマネをして会場に集まるサポーターに対し、「皆さんめちゃくちゃ似てますね!」と話しかけるなど、和気藹々とした雰囲気でトークイベントがスタートしました。

序盤のトークテーマは「日本を代表していると実感した瞬間は?」というもの。

太田選手は、

「満員のスタジアムで日本代表のエンブレムをつけて国歌斉唱をしているときですね。これから試合が始まることへの昂る思いと、緊張と、色々な感情が混じりあって震えました。」

とコメント。

「日本を代表するようになって変わったことはなんですか?」という質問に対して、三好さんは、

「SNSのフォロワー数ですかね。試合を重ねるごとに増えていって応援されているというのが実感出来て凄く嬉しかったです。今日はサッカーのファンの方が多いかと思いますが、ぜひバスケもよろしくお願いします。」

とコメント。

また、「日本代表だと短い時間で意思疎通をしなければならないが、そのためにやっていたことは?」という質問に三好さんは、

「コミュニケーションをたくさんとることですね。日本代表だと年齢の差も出てしまうのですが、若い方から先輩にちょっかいを出して仲良くしてもらうように努力していました。例えばコンビニに行って、買って〜など言ったりしていました。」

と、独自のコミュニケーション方法を披露。

トークショー終了後は、日本対コスタリカ戦がキックオフ。三好さん・太田選手による熱いトーク直後の会場は熱気に包まれ、大きな盛り上がりを見せました。

 

2日目には太田宏介と武藤弘樹が対談

11月29日〜12月1日には、渋谷ストリームで「ABEMA FOOTBALL FESTIVAL in Shibuya」を開催。

フットサルのコートを模したフォトスポットや、ARグラス「Nreal」の体験ブースなどを展開するイベントに、多くの方が訪れました。

11月30日には2回目のトークショーを開催し、太田宏介選手とアーチェリー日本代表の武藤弘樹選手が登場し、会場を盛り上げました。

トーク前半では「日本を代表することでプレッシャーは感じますか?」というテーマについて太田選手は、

「招集を受けた時から、試合終了のホイッスルが鳴り終わるまで、ずっとプレッシャーを感じています。サッカーだけでなく、私生活も全てです。」とコメント。

さらにプライベートでも「未来の選手に夢を持ってもらうため、良い服を着るなど、身だしなみに気をつけている」と話す太田選手に、武藤選手も同意。

「僕も意識しています。その選手のイメージに繋がるので。変わった服装をしている人、良いものを身につけている人、それぞれいますけど、良いイメージになるように心がけています。言動の部分も気をつけていますね。」

と、日本を代表する選手ならではの意見を話しました。

対談中、太田選手からは「普段どんなトレーニングをしていますか?食事とかも気をつけていますか?」という質問に対して、武藤選手は食事について、

「人によりますが、僕はあまり制限しない方です。僕のコーチは『アーチェリー自体が緻密な練習を重ねてストレスのかかる競技だから、食事でまでストレスをかけたら逆に競技にとってマイナスになる。食事はあまり我慢しなくていいよ』と言ってくれています。」

と、自己管理方法についてコメントされていました。

そんな武藤選手、学生の頃から「人よりも多く練習する」ことを心がけていたのだとか。

「中高生の頃から人より1本でも多く打とうと意識してきました。今の世界のトップの選手は1日300本くらい打っています。それでも多いくらいですが、僕は大学生の頃からアベレージでその倍くらい。一番きつかった練習では1ヶ月毎日1000本打っていました。文字通り、血が指に滲む程。」

と、驚きの練習量を告白。太田選手も「これですよ、メダリストの強烈な努力は!」とあまりの凄まじさに、笑顔を見せていました。

 

日本を代表する選手たちが登壇したトークイベントは、盛況な中で終了。その中でも、並々ならぬ努力を行なっていることは分かっていたものの、武藤選手の練習量には脱帽です。

「FIFA ワールドカップ カタール 2022」では、日本代表は惜しくも決勝リーグで敗退してしまいましたが、日本代表の活躍は目覚ましいものがありました。そんなサッカー日本代表を含め、様々なスポーツを観戦したい方は、ABEMAで視聴されてはいかがでしょうか。

FIFA ワールドカップ カタール 2022特設ページ:https://abema.tv/video/genre/fifaworldcup